サブドメインが参照元サイトとして計測されてしまう場合の対応策

CLOUDPLAY(旧名称Logitter)のアナリティクス集計機能をご利用のお客様からよく受ける質問の中に、サブドメインが参照元サイトとして計測されてしまうという現象があります。

これはアナリティクスのトラッキングコードに不備があるため発生してしまうのですが、
参照元サイト以外のデータにも異常値が見られ、しかも過去に遡ってデータを正常化することができないため早期の対応が必要となります。

そこで、今回はこの問題の対応策について詳しく取り上げてみたいと思います。
メインドメインが参照元として表示される場合はこちらを参照してください。

1.トラッキングコードをカスタマイズする


複数のサブドメインをまとめて分析するにはGoogleアナリティクスのトラッキングコードをカスタマイズする必要があります。
下記の箇所に赤字の1行 _gaq.push(['_setDomainName', 'example.com']); を全ページのトラッキングコードに追加します。

2.カスタムフィルタを設定をする


「/index.html」などのページ名をサブドメインごとに区別して計測できるよう設定を行います。

1.[Analytics設定] をクリックします。

2.画面中央にある[フィルタ]をクリックします。

3.[新しいフィルタ]をクリックします。

4.フィルタ名を入力してフィルタの種類で[カスタムフィルタ]をチェックします。

5-1.フィルタの種類で[詳細]にチェックを入れます。
5-2.[フィールド A -> 引用 A] で[ホスト名]を選択して".*"を入力します。
5-3.[フィールド B -> 引用 B] で[リクエスト URI]を選択して".*"を入力します。
5-4.[出力先 -> 構成] で[リクエスト URI]を選択して"$A1$B1"を入力します。
5-5.[保存]ボタンをクリックします。

6.画面に作成したフィルタが表示されていれば設定完了です。

異常値の補足

 


複数ドメインの計測用にトラッキングコードをカスタマイズしていない場合は、レポート内で以下の異常値が見られます。

・参照元にサブドメインが表示される
example.comやaaa.example.com経由でbbb.example.comにユーザーが遷移した場合、
example.comやaaa.example.comは外部のサイトとして扱われるため参照元サイトとして表示されてしまいます。

・セッション数が増加する
aaa.example.comとbbb.example.comとの間の遷移が別サイトへの移動として重複して計測されるためセッションが増加します。

・平均PV数が減少する
サブドメイン間の遷移によりPV数に変化は起こりませんが、セッション数が上記の理由により増加するため「PV/訪問数」で求められる平均PV数が減少します。

・離脱数/離脱率/直帰数/直帰率が上昇する
aaa.example.comからbbb.example.comへの遷移した場合、aaa.example.comからの離脱として扱われるため通常より離脱数(離脱率/直帰数/直帰率)が上昇します。