Twitter認証プロダクト必要条件

[ 原文 ] Twitter Certified Products Requirements
https://dev.twitter.com/programs/twitter-certified-products/requirements
※本記事は英語原文の内容を必ずしも保証するものではありませんのでご了承のうえ参照下さい

以下に記載する必要条件は、Twitter認証製品プログラムにおける全ての製品を対象とする。現行および将来の潜在的なパートナーは認証を得るためにこれらの必要条件を完全に固守しなければならない。Twitter認証製品プログラムに申請する前に、これらの全ての条件に照らし合わせて御社の製品を徹底的に検討することを奨励する。申請プロセスにおいて、私達は各製品を個々別々にレビューし、プログラムに製品を認証する前に、以下で示す必要条件以上の改善領域を指摘するかもしれない。しかしながら、これらの必要条件は、御社の製品開発におけるよい基準として役立つだろう。

よいパートナーとなるために
Twitterは、本プラットフォーム上でビジネスを更なる成功に導けるような製品を有するパートナーを探している。我々はTwitterがビジネスにおいてより価値あるものとなり、Twitterの使用が促進され、Twitterが新規ユーザーを獲得できるような製品やサービスを認証したいと考えている。

ガイドライン
・Twitterがビジネスにとってより価値あるものとなり、Twitterが取り組んでいないニーズを解決する
・Twitterが新しい、またはサービスが十分でない市場に進出する手助けとなる
・Twitterが製品のコア部分となり、全ての適用可能なAPIおよび特徴を活用する
・可能な限りTwitterの製品本体との一貫性を保ちながら統合をはかる
・Twitterネットワークと意味のある関わり合いを促進する
・重大なインパクトを与えるような機会について取り組んでいる
・類似製品を作り出すというより、Twitterプラットフォーム製品を用いる

アトリビューション・ガイドライン
ツイートはリアルタイムで行われているコンテンツのユニークな情報源となる。Twitterは、分析的な製品において前例に無いようなパブリックデータの情報源として機能する。
私達は、Twitterへの更なるエンゲージメントを促進するようなユニークな統合と分析を通じてTwitterのインパクトを広げることができるパートナーを探している。

・Twitterを元にした分析を説明するのにTwitterの用語法を用いること。例えば「140 ソーシャルメデイアでの言及」ではなく「140ツイート」(Twitter用語集を参照)
・ツイートに基づき、又はツイートから派生した経験を作り出す時にはTwitterからの引用であることを示すこと
・提供された分析に対するTwitterの貢献がユーザーに容易に理解されるようにし、Twitterデータで築かれた分析をややこしくしないこと。
その他のネットワークやプラットフォームからの分析を含める場合には、Twitterに特化した見解も提供しなければならない。
・分析がTwitterの現行の測定基準と一致していること。例えば、あるツイートに対する同数のリツイート数を報告すること※RT、QT独自指標
・Twitter に基づいたいかなる分析にも、その近くにTwitterの引用である旨示すこと

ルールに従う
Twitterには全てのディベロッパーが従うべき標準ルールがある。私達が同じゴールに向かって歩み続け、私達の共通のユーザーやネットワークが安全であり続けるように制定されたものである。
私達はこれらのポリシーについて、パートナーにも最高水準を課すものとする。

・商標ガイドライン(Trademark guidelines)に従う
・全ての画面表示必要条件(Display Requirements)に従う
・ディベロッパールールオブザロード(Developer Rules of the Road)に従う
・サービス条件(Terms of Service)に従い、ユーザーがサービス条件を侵す事がないようにする

バッジとプログラム・アトリビューション
Twitterは、Twitter認証製品プログラムの必要条件を満たした製品およびサービスを認証する。本プログラムのパートナーは、顧客が本水準に達したしるしを認識できるように、獲得したバッジを表示する。

・Twitterから認証された製品及びサービスにのみバッジを表示すること
・認証されていない製品もしくはサービスに対してバッジを表示することはできない
・認証製品およびサービスとの関連においてのみ、マーケティング資料で本プログラムについて言及できる
・報道関係者向けおよびマーケティング資料で参照する際には本プログラムの正式名称(「Twitter認証製品プログラム」)を用いること
・他の企業のソリューションとしてブランド化された認証製品(例えば、ホワイトラベル、もしくはパートナー企業で同様に流通しているもの)にはバッジをつけてはならない
・可能な限りバッジと認証製品ページもしくはプログラム・ホームページにリンクを張ること