好調な花王を支えるデータ経営の正体とは?

日用品メーカー大手の花王は今、子会社のカネボウによる美白化粧品の白斑問題によって、リコール問題を抱えています。

しかし、昨年度の決算では4期連続の増益増収となり、営業利益については9年ぶりの最高益となっています。要因としては化粧品部門の落ち込みを日用品事業でカバーしているのですが、その経営を支えている存在として、ビッグデータを解析する専門チームがあることをご存知でしょうか。

本文の続きはこちら