よくあるご質問

CLOUDPLAYをご検討中のお客様から良く寄せられる質問を記載しております。

    モニタリングキーワードを含むツイートは何件見れますか?
    CLOUDPLAYのデフォルトでは最新の20件が表示されます。 その後、新たに該当するツイートが発生した場合は、「さらに読む」のリンクをクリックして制限なく表示することができます。

     

  • twitterやfacebookでどのようなエラーが発生しているか把握できますか?
    CLOUDPLAYのデフォルトでは最新の20件が表示されます。 その後、新たに該当するツイートが発生した場合は、「さらに読む」のリンクをクリックして制限なく表示することができます。
  •  

  • 承認者を複数登録している場合は1人でも承認すれば記事が配信されますか?
    すべての承認者の方が承認するまで記事は配信されません。
  •  

  • cloudplayのプルダウンにfacebookページ名が表示されないのですが?
    下記、いずれかの可能性がありますのでお試しください。

    1.操作対象のチェックが外れている可能性があります。
    管理画面>詳細設定>操作対象にするfacebookページでチェックが入っているかご確認ください。

    2.facebookの認証が切れている可能性があります。
    管理画面>SNS設定>facebookページの登録ボタンを押して再認証を行なってください。

  •  

  • 予約した記事を時系列で確認することはできますか?
    できます。
    カレンダー形式で「予約した記事」「配信済みの記事」「配信エラーになった記事」の一覧を表示することができます。 詳しくは配信確認機能をご覧ください。
  •  

  • 承認を却下した記事の理由を管理者からスタッフへ伝える手段はありますか?
    あります。
    記事を承認・却下するたびにコメントを記録しておくことができ、そのコメントはスタッフと管理者の双方から確認できるようになっています。
  •  

  • ユーザーから新しくメッセージが届いた場合は通知されますか?
    通知されます。
    前回cloudplayにログインした時から新たに受信したメッセージがある場合は、 cloudplayの画面に「未読件数」として通知されます。
  •  

  • 配信エラーになった記事は把握できますか?
    できます。
    配信エラーがあった場合はcloudplay内の画面に通知するよう設定することができます。 配信エラーになった記事は編集して再配信したり、削除したりすることができます。 エラー記事は配信確認機能で確認することができます。
  •  

  • ソーシャルメディアからWEBサイトにどれだけ流入があったか分析できますか?
    可能です。
    GoogleAnalytisと連携した機能を実装していますので、全体のアクセスに占めるソーシャルメディアの比率やソーシャルメディアごとの流入、コンバージョン数などを分析することができます。エクセルレポートでダウンロードすることも可能です。 この機能はGoogleアナリティクス分析機能などで見ることができます。
  •  

  • facebookページにネガティブなコメントが書き込まれた場合に把握できますか?
    できます。
    facebookページに書き込まれたコメントがポジティブ評価なのかネガティブ評価なのかを判別することができ、該当するコメントにはそれぞれアイコンが表示されます。どのようなキーワードが含まれていた場合にポジティブやネガティブとして評価するかについては、お客様ご自身で設定していただくことができます。 この機能はfacebookクライアントやfacebook分析などで見ることができます。
  •  

  • 過去に配信した記事の一覧を見ることはできますか?
    できます。
    cloudplayから配信した記事の一覧は配信履歴の画面で確認することができますし、SNS分析などの各分析画面からエクセル形式でダウンロードすることもできます。
  •  

  • twitterで受信したメッセージが返信済みどうかを見分けることはできますか?
    可能です。
    cloudplayから返信したツイートには返信済みのマークが付きます。 画面イメージはtwitterクライアント機能をご覧ください。
  •  

  • ユーザーからのメッセージをリアルタイムで把握して返信することはできますか?
    できます。
    cloudplayではリアルタイム形式とバッチ形式の2種類のクライアントが用意されており、リアルタイム形式のクライアントを使用することで迅速な対応を行うことが可能です。 詳しくはtwitterクライアント機能をご覧ください。
  •  

  • ソーシャルメディアユーザー別のエンゲージメント、影響力を把握できますか?
    できます。
    ユーザー別のエンゲージメントはもちろん、御社が配信した記事を「どれだけ拡散させたか」をtwitterやfacebookのユーザー別に見ることができます。 詳しくはtwitterエンゲージ分析機能、facebookエンゲージ分析機能をご覧ください。
  •  

  • 記事がRTされた回数と、記事がクリックされた回数の関連性を分析できますか?
    できます。
    3つの指標を同時に比較分析できる「クロス集計」という機能があり、RT回数とクリック数を同一グラフ内で比較して関連性を分析することができます。 詳しくはtwitter分析機能をご覧ください。
  •  

  • 配信予約は何ヶ月先までできますか?
    特に制限はありません。何ヶ月・何年先でも画面上で選択できる範囲であれば予約できます。
  •  

  • Twitter分析の機能でリーチ数を把握することはできますか?
    フォロワーが何人のTwitterユーザーに情報を拡散したかという予測値を出すことは可能です。エンゲージ分析画面でフォロワー別のインプレッション数を合計します。
  •  

  • トラブルなどを回避しやすくする機能はありますか?
    ポジティブワード、ネガティブワードを設定すると、炎上などが起こった時に察知しやすくなります。また、NGワードを設定しておくと返信記事などでNGワードを含む場合に配信されないようにすることもできます。

  • お気軽にお問い合わせ下さい。
    in5

    資料のダウンロードはこちら
    資料ダウンロード